理念・ビジョン

Vision

セルバンクの理念

日本の再生医療のリーディングカンパニーとして

  • ・公益性と社会的責任に鑑みる
  • ・高い生命倫理観
  • ・安全性の配慮
  • ・リーガルコンプライアンスを重視
  • ・真のQuality of Lifeの向上
  • ・ホスピタリーサービスの向上

セルバンクのビジョン

日本の再生医療のデファクトスタンダードを構築することで
細胞医療の発展に資し、社会に貢献する

再生医療の細胞培養技術から創出される革新的な技術及びホスピタリティサービスは、無限の可能性を秘めています。再生医療の更なる普及には、細胞医療で用いられる細胞の研究・開発はもちろん、当該細胞を大量に培養し正確に共有する「細胞が必要とされる場所、必要な時間、必要な品質を担保して届ける」というインフラシステムが必須です。

しかし、現在細胞を培養加工し供給するという標準化されたインフラシステムは存在していません。私たちは研究開発等によって得られた貴重な研究成果(細胞)をより迅速・安全・安価に、必要とされる医療機関へ流通させるための“デファクトスタンダード”を確立し、再生医療の普及・発展に資すことで社会へ貢献いたします。

医療再生のデファクトスタンダード 「製造:様々な種類の細胞の培養・加工」「輸送:必要とされる医療機関に安全に確実に細胞を届ける」「品質:均一な高品質の担保」

市場規模

従来、治療できないと考えられていたケース、病院に行く事案ではないと思われていたケースが、医学の進歩によって治療対象となってきております。しかし、従来の治療法では根治が難しい疾患も多くあり、新たな治療法の研究が、さらに進められています。
再生医療は、従来の治療法では難しかった失われた機能(老化・疾患による機能不全)に対して、細胞を使って新たな組織や臓器を補うことで機能の改善を行う次世代の医療です。
当社は、飛躍的に拡大しいる再生医療市場において、今まで培ってきた細胞培養技術を基に特定細胞加工物製造事業者として新たなステージへ踏み出します。

再生医療の将来市場予想