線維芽細胞

Fibroblast

概要

真皮線維芽細胞という名の肌細胞の機能は、簡単に言うと「皮膚の生産工場」です。

真皮線維芽細胞

「真皮線維芽細胞」とは私たちの肌を構成している細胞の1種で、最近では「肌細胞」とも言われたりしています。ここではこの肌細胞がどんな細胞なのか、どのような機能を持つのか、そしてこの肌細胞を用いた「肌の再生医療」について、わかりやすく説明させて頂きます。

まず私たちの肌は外側から「表皮」「真皮」「皮下組織」という3つの層に分けられています。

表皮

目に見える部分の層で外的刺激から肌を守ってくれています。この層の構成は90%以上を「ケラチノサイト」と呼ばれる細胞で占められており、約1ヶ月の周期で、新しいケラチノサイトを生み出しては角質となって剥がれ落ちるという表皮の新陳代謝を行ってくれています。

真皮

表皮の内側にある真皮は肌組織の大部分を占めており、名前の通り真の皮膚ですが、ここで真皮線維芽細胞は活動を行っています。この層ではコラーゲンやエラスチンというタンパク質の線維が張り巡らされており、その間をヒアルロン酸などの物質によって埋められています。この構造により、肌のハリや弾力が生まれているのです。

皮下組織

真皮の下にある層の皮下組織は脂肪を多く含み、皮下脂肪組織とも言われています。血管・神経・汗腺などの保護をする他、体温維持、外的衝撃の緩衝材としての役割も果たします。

真皮線維芽細胞の機能

真皮線維芽細胞という名の肌細胞の機能は、簡単に言うと「皮膚の生産工場」です。ハリや潤いを保った肌を構成する要素として、「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」という3種類のタンパク質が存在するのですが、肌細胞はこれらの成分を生み出す役割を果たしているのです。

若い時は豊富に存在するこの肌細胞のおかげでハリと潤いのある肌が保たれているのですが、肌細胞の細胞分裂能にも限界があります。例えば肌細胞は20歳を超えると細胞数が減少していき、50歳代を迎える頃にはその数が3分の1程度になってしまうことが報告されています。

そこで、このような肌老化に対してのアプローチとして、近年注目を浴びているものが「肌の再生医療」です。次の項目では真皮線維芽細胞を用いた肌の再生医療について説明していきます。

肌の再生医療

このような方に
おすすめの治療です

  • ⇒ほうれい線やシワ、たるみなどの肌老化を解消したい
  • ⇒目の下のクマをなくしたい
  • ⇒ニキビ跡や外傷後瘢痕を治したい

どのような治療?

肌の再生医療は「肌細胞補充療法」とも呼ばれ、真皮内で少なくなってしまった肌細胞を移植して増やすという治療法となっています。

この肌細胞の移植によって美肌の3大要素である「コラーゲン」「ヒアルロン酸」「エラスチン」などを生成し、活動させる機能が回復するため、肌のハリやシワの改善などの若返り効果と肌老化の進行抑制につながります。

治療の流れ

ステップ1 
肌細胞の採取・採血

医師による診察・カウンセリングを終えた後に、肌細胞の採取と採血を行います。一般的に耳の裏側などから肌細胞を採取しますが、採取量はごく少量で、傷跡もほとんど残りません。肌細胞の培養に必要な培地用の血液も採血し、細胞と血液は細胞培養のための専門の施設へ受け渡されます。

ステップ2 
肌細胞移植

ステップ1から数週間後(細胞培養期間)、指定の部分への肌細胞の移植が行われます。注射器での注入になりますが、こちらも肌にダメージの残らないような施術がなされます。

ステップ3 
肌細胞の追加移植・定期ケア

移植治療は個人差が大きく現れますので、ここからは医師による定期ケアが必要です。必要であれば追加の移植も施されます。

効果の実感時期

肌の再生医療は薬品や人工物を使わず、ご自身の肌細胞を用いた比較的ナチュラルな治療法であるため、移植直後に効果が実感できるものではありません。ほとんどの症例では移植後3ヶ月~程度で効果が出ているようです。また、効果の持続期間についてですが、一般的に2~3年とされており、老化症状の予防には1~1年半ごとの各クリニックによるメンテナンス(追加移植)が推奨されています。この際、細胞培養センター等による細胞保管をしていれば、ご自身の活発な肌細胞をいつでも取り出して、移植することができます。

高い安全性

これまでにもお示ししてきたように、肌の再生医療は自分自身の細胞を移植する治療法なので、副作用等のリスクが極めて低いことが知られています。さらに、移植するための細胞は品質管理体制が徹底された専門施設で培養・保管がなされていて、「特定細胞加工物製造事業者」であり、細胞培養センターを持つ弊社でも平成26年に施行された『再生医療等の安全性の確保等に関する法律』に基づく、徹底した運営管理体制の元、高い安全性レベルでの細胞の品質管理を行っています。

従来のいわゆる「若返り治療」ではヒアルロン酸の注入などの自身の細胞由来のものではない「異物」を入れることにリスクがあり、抵抗を感じる方も多くおられました。このリスク、抵抗を大幅に削減させた近年の再生医療の発展はこれらの基盤の上に成り立っています。

肌の再生医療の
導入のご案内 Implementation

現在運用している治療と組み合わせることで、患者様へより満足できる治療を提供することができます。
また、「再生医療」を行っているクリニックとしてのイメージアップや、治療ターゲット層の拡大が可能です。

詳しくみる