変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は、通常は加齢に伴って膝関節の軟骨が少しずつ摩耗して行く疾患です。摩耗することによって、膝に変形が起き、さまざまな症状を引き起こしていきます。変形性膝関節症は加齢性の変化であり、日常生活に伴うひざの痛みの原因の多くは「変形性膝関節症」であるといわれています。

また、変形性膝関節症は進行性の病気です。軟骨のすり減りが進むにつれて、膝関節の変形が進み、膝の曲げ伸ばしが思うように出来なくなっていきます。

変形性膝関節症は、初期、中期、末期と進行して行きます。
初期には、ひざの違和感、こわばりなど、軽微な症状ですが、段々変形が強くなるに従って膝の痛みを感じるようになり、中期には歩行困難などの症状が表れてきます。それに伴ってしゃがめない、階段の上り下りがつらい、正座が出来ない、歩くのも辛いなど日常生活にも大きく影響していきます。更に進行して一番重症の末期になりましたら、歩行困難が更に進み、痛みが夜間にまで出たり、安静時も痛みが出るようになり、最終的には人工関節が必要と言われることがあります。

全ての関節に起こりえる疾患

膝以外にもいろんな部分に変形性関節症が起こります。例えば、手の関節にも起こりますし、足の関節にも起こります。また、肘関節や肩関節、股関節にも起きますので、全身の全ての関節に起こってもおかしくない疾患です。

「変形性膝関節症かもしれない」と疑うべき症状は

変形性膝関節症の初期はあまり症状がないことが多いです。変形性膝関節症の一番の特徴は体重をグッとかけた時に膝が痛むことです。日常生活の中で体重をかけた時に膝に違和感を感じ始めたら専門家に受診を検討するのが良いでしょう。変形性膝関節症は治療のタイミングが早ければ早いほど治療の選択肢が増えます。例えば、階段の上り下りをしている時や、重い荷物を持った時、急に立ち上がった時やジャンプした時など体重をかけた時に膝の特定の部分に痛みが走るようでしたら、何かあると思って、医療機関を受診したほうが良いでしょう。

早めに医療機関に受診することが大切

膝の痛みを抱えていたり変形性膝関節症の疑いがある時は、医療機関をなるべく早く受診して診断を受けることが大切です。実は、初期の頃は膝の痛みがずっと続くというケースは少なく、「たまに痛む時期」と「痛まない時期」が続いたりします。「自分はまだ大丈夫だろう」と思って放置していたら、症状が進んでいたということもあります。なので、膝に痛みを感じたら、まずは医療機関に受診して診断を受けるのが肝心です。

また、医療機関で診断を受けると、「自分は変形性膝関節症が始まっている」と自覚するようになります。自分の疾患を自覚することで膝に負担をかけないように意識して生活出来るようになり、膝の症状の悪化を防ぐことも可能となります。

膝の専門家が話す変形性膝関節症

参考

監修:
大阪梅田セルクリニック 院長 保田 真吾 医師(京都大学医学博士/日本整形外科学会認定専門医/リウマチ財団登録医/臨床内科認定医/糖尿病療養指導医/日本医師会認定産業医)

セルバンクに相談する

自分にあったひざの治療って
気になりますよね?
再生医療の詳しい内容など
お気軽にご相談ください。

無料のご相談はこちらから