治療できるクリニック

松本クリニック
変形性膝関節症の治療について

痛くないひざを取り戻す

脂肪由来幹細胞(ASC)治療とは

脂肪由来幹細胞(ASC)治療とは、再生医療である幹細胞治療の一種です。自然治癒が望めない軟骨などの修復が期待でき、痛くないひざを取り戻すことができます。

治療の特徴

幹細胞治療は、

  • ①ひざの痛みを軽減、
  • ②ひざを切らない手術で、
  • ③将来的に人工関節置換手術を回避できる可能性があります。

また、④採取した幹細胞は、国から認可された施設で培養する、といった特徴があります。

PRPによる毛髪治療、アンチエイジングに特化した肌の再生医療。

また、幹細胞療法では、「変形性膝関節症」「動脈硬化症」などの治療を受けることができます。

治療の流れ

治療は、STEP.1からSTEP.5の流れで行われます。

  • STEP.1
    診察
  • STEP.2
    血液検査
  • STEP.3
    脂肪採取では、患者様ご自身の「お腹」や「太もも」「おしり」などから少量(小さな消しゴム程)の脂肪を採取します。
  • STEP.4
    培養は、無菌環境下にて幹細胞を(培養し)数億個に増やします。
  • STEP.5
    投与 培養された幹細胞をひざ関節に注入して治療を行います。組織の自己修復能力を高め、炎症を抑える効果が期待できます。

松本院長 インタビュー

脂肪由来幹細胞について

松本院長

脂肪由来幹細胞とは、色んなクリニックを見ていると、静脈注射をして、疼痛治療やアトピーの治療など、あと、何が良いかというと、糖尿病に効く。その辺のエビデンスは分からないのですが、少なくとも脳卒中・脳梗塞の後遺症での、麻痺した神経を治すことは、幹細胞(ステムセル)ではできるのではないかと、思っております。

変形性膝関節症の脂肪由来幹細胞治療について

ひざ関節に関して言いますと、ひざ関節のASC(脂肪由来幹細胞)注射は、僕はグレード4でもいけると思っているのですが、グレード3までであったら、軟骨は再生できる。そして、歩けなかった人が歩けるようになる。それから将来的に70歳~80歳になったら、絶対に人工関節置換術(手術)をしないといけないような方は、若いうち(60~70代)に治療しておけば、80歳を超えて大変な手術を受けることを、回避できる可能性が非常に高いです。

治療の効果・内容について

ひざ注射は間違いなく効く。ただ1回5000万個入れないといけない。そして、3ヶ月間隔で3回入れないといけない。色々と文献を調べた結果、僕は最初から3回入れようと。3回やるということを前提に、脂肪を取った6週間後に1回5000万個、3ヶ月後に5000万個、さらに3ヶ月後に5000万個。合計1億5000万個いれることが一番効く。それをスタンダードにしています。

治療の際に大切にしていること

松本院長

嘘をつかない。これが全てです。その2つです。分からなかったら分からないなりに、治せないかったら治せないなりに、治せそうなお医者様を紹介する。見捨てないと言っても、最後まで絶対に治せるかと言ったら、そんなことはないですから。そこは「嘘をつかない」「見捨てない」ですね。

患者様 インタビュー

脂肪由来幹細胞の治療をしようと思ったきっかけは?

患者様へのインタビューの様子

兄に勧められたのと、過去にひざに水が溜まって、3回抜いたことがある。歳をとって、歩けなくなるかもしれないと思って、日頃から歩くようにして、鍛えてはいるんですけど。それでもやっぱり、一度減った軟骨は増えない。なので、自分で周りの筋肉を鍛えてやるしかない、と思っていたところに、そういう話を頂いたので、「それだったら」と思って、治療しました。

Q. 脂肪採取時に痛みはありましたか?

全然痛くなかったです。

Q. 痛みを1~10で表すと?

0でしたね。痛みはなかったです。

Q. 治療にあたり不安はありましたか?

「信頼できる先生だな」って。

脂肪由来幹細胞の治療をしようと思ったきっかけは?

患者様へのインタビューの様子

とりあえず「痛みがない」というのが一番ですね。他の方の手術を見ていると、後がしんどい。リハビリにも通わないといけない。僕も仕事をしていて、やはり不都合があるので。今回の「幹細胞培養治療」は非常に魅力的でした。

Q. 脂肪採取時に痛みはありましたか?

全然、麻酔の時にチクチクしただけで後は全然。

Q. 痛みを1~10で表すと?

ほぼ0に近い1ですね。

Q. 治療にあたり不安はありましたか?

「無い」ことは無いですけど、思っていたより楽でした。

Q. 松本先生の印象は?

僕がずっと心臓に病がありまして。2~3年前に先生に診てもらって、「こんなもの、放っておいたらダメ」だと、とある病院を紹介頂きまして。ちょうど2年になるのかな。今のところ順調に来てますので、それ以来ずっとお世話になっています。非常にざっくばらんで良い先生です。

クリニック情報

地域の皆様のかかりつけ医として、健康をサポートします。患者様に寄り添った診療をモットーに、問診や診察にも最善を尽くして、お気軽にご相談いただけるクリニックづくりを目指しています。

松本浩彦院長

松本浩彦院長

New Jersey 州立 Rutgers University Research Fellow、東北大学農学部大学院特別研究員、京都府立看護短期大学講師、京都堀川病院外科医員、京都がん協会医員、藤田胃腸科病院医員、厚生省医薬研究機構研究員、毎日文化セミナー講師など歴任。

現職

  • ・医療法人社団 甲南回生 理事長
  • ・甲南回生 松本クリニック 院長
  • ・同志社大学 客員教授
  • ・神戸大学医学部大学院 非常勤講師
  • ・兵庫医科大学 先端医学研究所 非常勤講師
  • ・日本臍帯プラセンタ学会 会長
  • ・臨床ゲノム医療学会 副理事長、同 認定ゲノムドクター
  • ・日本過酸化脂質・抗酸化物質学会 幹事
  • ・日本外科学会 認定医
  • ・日本消化器外科学会 認定医
  • ・日本医師会 認定産業医
  • ・日本スポーツ協会 公認スポーツドクター
  • ・日本臨床研究安全評価機構 理事長
  • ・近畿外科学会 評議員
  • ・著述・翻訳 Office JIN 代表
  • ・日本文芸家クラブ 会員

所属学会・資格

  • ・日本癌学会
  • ・日本肥満学会
  • ・日本形成外科学会
  • ・日本血管外科学会
  • ・日本皮膚科学会
  • ・日本抗加齢医学会
  • ・日本美容皮膚科学会
施設名
松本クリニック
電話番号
0797-22-5511
住所
〒659-0086 兵庫県芦屋市三条南町13-16 ソレイユ芦屋 3F
公式サイト
https://m-clinic.net/
ひざの再生医療 TOPへ戻る

セルバンクに相談する

自分にあったひざの治療って
気になりますよね?
再生医療の詳しい内容など
お気軽にご相談ください。

無料のご相談はこちらから