事業を支える研究開発

Research Development

再生医療事業を支える
研究開発プロジェクト

医療の中でも再生医療は、最先端の医療分野の一つであり、その技術開発は日々進歩しているのが現状でございます。そのなかセルバンクでは、患者様にとって、より再生医療が身近な存在となる様、再生医療の普及に向けて研究開発(新製品開発・新技術開発)を取り組んでおります。

新製品開発

様々なご要望の
細胞をご提供

新製品開発とは、患者様からの様々なご要望に沿った細胞をご提供させて頂く為、いろいろな種類の細胞を培養する方法を構築するプロジェクトとなります。セルバンクでは、これまでにない新しいセルソース(細胞種)の培養プロセスを構築し、それを基に新たな細胞治療の導入を目指しております。これまでの細胞培養技術を応用させ、各細胞の機能や性能を解明させ理解し、製品開発に向けた取り組みを行っています。
例えば、乳房腫瘍摘出後の乳房再建に、患者様自身の脂肪組織から脂肪由来幹細胞を得て、その細胞の培養プロセスを開発することがございます。

また、大学病院や総合病院、クリニック様より、各疾患に対しての従来の治療法のみだけではなく、細胞を用いた新しい治療のご提案を頂くことやお考えをヒアリングすることで、医療機関様との共同研究をさせて頂いております。この医療機関様との共同研究を得て、より新しい治療法が誕生し、各疾患の患者様へ細胞治療をご提供できるように目指しております。
本研究は、細胞治療を望む患者様のご希望に沿った細胞の培養プロセスを開発し、患者様にお届けするまでが、新製品開発プロジェクトの一貫となっております。当社では、研究開発にて確立した新しい細胞種の培養技術を通して、次世代の医療の中で新たな治療の選択肢の一つとなることに、つなげていきたいと考えております。

日々進歩していく
技術の習得と普及

新技術開発では、再生医療における技術が日々進歩していくなかで、その新しい技術を既存の細胞培養プロセスに導入させることでより効率化を図り、低コスト培養を実現し普及させることで、より多くの患者様に細胞治療をご希望して頂けることを目指すプロジェクトとなっております。尚、細胞培養を行う施設(CPC)の環境設備の整備など、細胞培養プロセスのみの開発だけではなく、工学・医学・生物学などのあらゆる分野での技術や知識を積極的に取り入れ、技術革新を行っていきます。

また、実際に細胞を培養する技術者(培養士)への細胞培養技術や細胞培養に関わる原理と知識の指導を行う教育分野にも、本プロジェクトに含まれております。日々進歩する技術をいち早く習得し、普及させることや、技術者への教育や培養技術について外部発信を行うことで、細胞培養技術の発展に貢献できるよう取り組んでおります。

主な業績

新製品開発

  • ・真皮線維芽細胞の培養方法の確立
  • ・PRPの精製法の確立
  • ・脂肪由来幹細胞の培養方法の確立
  • ・共同研究経験
    (大学病院:1件、総合病院:1件、クリニック:2件)

新技術開発

  • ・低コスト培養法の確立
  • ・培養技術特許、論文投稿
  • ・細胞治療におけるエビデンス確保
  • ・学会発表
  • など