一般的な治療法

一般的な治療法

変形性膝関節症は、軟骨がすり減り、ひざが痛くなる病気です。一度すり減ってしまった軟骨は、元のように戻ることはありません。早く医療機関で受診をして対処することが肝心です。

変形性膝関節症の治療では、保存治療と手術療法が基本となります。早期に医療機関を受診し、必要に応じて薬物治療などを行う「保存療法」。そして症状が進行し、重度になると手術が必要になる「手術療法」です。

変形性膝関節症を患っている人は、初期~中期の症状の人が多く、手術が必要とされている重症の人は比較的少数です。日本に3000万人いると言われてる変形性膝関節症の患者さんの中で約7万人前後が手術が必要と言われており、全体の1%未満になります。

ですので、変形性膝関節症になったらリハビリや運動療法を中心とした保存療法で行い、重症化への進行を防ぐことが大切です。

変形性膝関節症の一般的な治療法まとめ

保存療法

生活習慣の改善

肥満などによる膝への負担を減らす

運動療法

膝を守るため、膝の体操など膝周囲の筋力をアップさせて膝への負担を減らす

装具療法

足底インソールや膝サポーターを用いて膝への負担を減らす

温熱療法

温熱パックや赤外線照射などで膝を温めて(または冷却)血流を促進し痛みを和らげる

リハビリ(機能回復訓練)

作業療法士や理学療法士の運動指導の元で膝の痛みの軽減や日常動作の改善をする

薬物療法

NSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)などの飲み薬・座薬、湿布薬、塗り薬などで痛みや炎症を抑える

注射療法

膝の炎症を抑えるヒアルロン酸注射やステロイド注射、膝の水を抜く関節穿刺をする

詳しく見る

手術療法

関節鏡視下手術

初期の段階で行うことが多く、一時的に痛みを取る目的で行う

詳しく見る

参考

監修:
大阪梅田セルクリニック 院長 保田 真吾 医師(京都大学医学博士/日本整形外科学会認定専門医/リウマチ財団登録医/臨床内科認定医/糖尿病療養指導医/日本医師会認定産業医)

セルバンクに相談する

自分にあったひざの治療って
気になりますよね?
再生医療の詳しい内容など
お気軽にご相談ください。

無料のご相談はこちらから