変形性膝関節症とは

検査について

検査について

膝の疾患は様々ありますが、痛みは非常に似てます。ですので、詳細な病歴と身体所見、および血液検査を併用して診断をおこないます。MRIを撮って、精密に検査すれば膝の専門医療機関でしたら大抵の疾患が分かります。一般的に、変形性膝関節症の診断は、問診、視診、触診がしっかり行われていればX線検査(レントゲン)だけでも診断は出ます。ただクリニックの中でも、変形性膝関節症の治療をあまり扱ったことがなかったり、検査項目が少ないと、診断に迷うこともあります。

Contents
  1. レントゲンとMRIの併用が診断精度を高める
  2. 血液検査

レントゲンとMRIの併用が診断精度を高める

MRIを撮れば変形性膝関節症があるかどうかは分かります。他に鑑別する疾患もありますので、できればレントゲンも一緒にやったほうが正確な診断ができます。重症度の分類は、実はレントゲン分類になります。ですから、MRIだけではすべてはわかりませんので、レントゲンと併用することで、より診断精度を高めることが出来ます。

MRI検査について

血液検査

通常変形性膝関節症の診断では、血液検査は必要ありません。しかし、血液検査を行うことで、膝の痛みの原因として別の疾患にかかっているかどうかを確認できます。関節リウマチ、化膿性関節炎、痛風などの疾患の診断にも血液検査が有用ですので、専門家に薦められたら血液検査を受けておきましょう。

監修:
大阪梅田セルクリニック 院長 保田 真吾 医師(京都大学医学博士/日本整形外科学会認定専門医/リウマチ財団登録医/臨床内科認定医/糖尿病療養指導医/日本医師会認定産業医)
ひざの再生医療 TOPへ戻る

Find a Clinic
Knee Re-Medical
ひざの再生医療を
提供しているクリニック

脂肪組織から間葉系幹細胞を分離して、数千万~1億個ほどまで培養し、注射により静脈投与または局所投与を行います。

詳しく見る

ひざの再生医療を提供しているクリニック

ひざの再生医療を提供しているクリニック

ひざの再生医療を提供しているクリニック

セルバンクに相談する

自分にあったひざの治療って
気になりますよね?
再生医療の詳しい内容など
お気軽にご相談ください。

無料のご相談はこちらから