一般的な治療法

手術療法

手術療法

関節鏡視下手術

膝の変形が進行しておらず、重度の中でも、比較的初期の変形性膝関節症に対して行われる治療法です。
膝の中に小さいカメラ(関節鏡)を入れて、関節の中の異常を観察し、軟骨のトゲ(骨棘)を切り取ったり、増殖した滑膜を除去したりします。簡単にいうと、加齢とともに膝の中に生じたゴミを掃除するようなイメージです。
また、カメラで観察をしながら、必要に応じて治療も行います。
例えば、半月板が断裂していた場合は縫合術を追加します。軟骨がひどく損傷している場合はマイクロフラクチャーという軟骨に小さい穴を開けて出血させ、治癒を促す手術を追加します。関節鏡手術では、1cm程度の傷2~3箇所で手術を行うことができるため、術後も早ければ翌日に退院することができ、日常生活に支障をきたす事なく治療することができます。
ただし、この治療では膝の変形は治すことはできません。手術をしても軟骨や半月板が再生するわけではないので、一時的に痛みを取ることを治療の目的として行われます。

高位脛骨骨切り術
(こういけいこつこつきりじゅつ)

比較的若い方、40~60代で、仕事やスポーツを積極的に行いたい方に行う治療法です。
O脚やX脚などで膝が変形すると、膝の内側や外側に体重がかかり、軟骨や半月板のクッションが傷んでしまいます。高位脛骨骨切り術では、この膝の変形に対して、骨を一部斜めに切除し体重の負荷を中心に戻すことで矯正します。
手術では、膝下の内側を8cmほど切開し、脛骨(すねの骨)を斜めに切り、変形の程度に合わせて脛骨に角度をつけます。体重が膝の真ん中にかかるように調整し、人工骨を間に挟み、金属のプレートで固定します。この時、半月板や軟骨の損傷が合併している場合は、それを修復する手術を追加で行うこともあります。
メリットは、自分の骨を温存するため、膝の曲げ伸ばしは手術前と変わらずにでき、動きや運動に制限がないことです。そのため、膝への負担が多いスポーツを治療後も継続して行なうことを希望される場合にも対応できます。
デメリットは、術後に切った骨の部分が治癒するまで時間がかかり、骨を切った箇所の痛みが取れるまで時間がかかることです。さらに、固定した金属プレートを1年後に抜去する必要があります。

人工膝関節置換術
(単顆置換・全置換)

変形性膝関節症が重度にまで進行し、軟骨がすり減り無くなってしまった場合、変形し壊れてしまった膝の関節を取り除き、金属やプラスチックでできた人工関節に取り替える治療法です。
痛みの原因になる部位を金属やプラスチックで覆ってしまうため、術後早い段階から膝痛が改善します。
手術では、膝の前面を切開し、大腿骨、脛骨、および膝蓋骨(膝のお皿の骨)の痛んだ部分を削ります。はめ込む人工関節の形にあうように骨を形成し、骨セメントという接着剤を用いて人工関節を骨に取り付けます。この時、膝蓋骨も必要に応じてポリエチレンで置換します。
術後は翌日からリハビリテーションとして歩行を開始します。3~4週間で階段昇降ができるようになると退院となります。
最近では、ナビゲーション技術など新しい技術が開発され、10cm以下の小さな切開で筋肉にあたえるダメージを最小限におさえた、最小侵襲人工関節手術(MIS)の技術を取り入れた人工膝関節置換術が行われるようになり、より正確に手術を行うことができるようになりました。
また、人工膝関節置換術には全置換術と単顆置換術の2種類があります。
膝関節全体が痛んでいる場合は全置換術を行い、内側だけが痛んでいる場合は部分的に置換を行う単顆置換術を行います。単顆置換術は術後の回復が早く違和感が少ないというメリットがあります。
人工の膝関節となっても、ゴルフなどのスポーツを楽しむことはできます。

監修:
大阪梅田セルクリニック 院長 保田 真吾 医師(京都大学医学博士/日本整形外科学会認定専門医/リウマチ財団登録医/臨床内科認定医/糖尿病療養指導医/日本医師会認定産業医)
ひざの再生医療 TOPへ戻る

Find a Clinic
Knee Re-Medical
ひざの再生医療を
提供しているクリニック

脂肪組織から間葉系幹細胞を分離して、数千万~1億個ほどまで培養し、注射により静脈投与または局所投与を行います。

詳しく見る

ひざの再生医療を提供しているクリニック

ひざの再生医療を提供しているクリニック

ひざの再生医療を提供しているクリニック

セルバンクに相談する

自分にあったひざの治療って
気になりますよね?
再生医療の詳しい内容など
お気軽にご相談ください。

無料のご相談はこちらから