株式会社セルバンクの細胞保管事業において細胞保管者数のべ5,000件突破! ~細胞保管サービス「セルバンク」の保管者数が順調に推移~

株式会社セルバンク(特定細胞加工物製造事業等、所在地:東京都中央区勝どき、代表取締役:北條元治)は、2021年6月30日時点で細胞保管者数がのべ5,000件を突破したことをお知らせします。2014年6月時点では約2,200件であった細胞保管者数が7年で2倍以上になり、順調に増加しました。

細胞保管サービス「セルバンク」は、肌の再生医療において、肌細胞を保管(貯蔵)しておき、「しわ」や「たるみ」などを改善する若返り治療のために必要なサービスです。展開している医療機関の地域も全国に拡大し、東京、大阪、福岡、札幌など、東京以外に地方都市での利用も増加しています。利用顧客層は40歳以上の女性が中心となり、利用者の多くが長期利用をしています。

株式会社セルバンク

ホームページ
https://cellbank.co.jp/

肌の再生医療が受けられるクリニック一覧

URL
https://hadasaibou.jp/clinic_information/

細胞保管サービス「セルバンク」

細胞保管サービス「セルバンク」は、ご自身の「今」の肌細胞(真皮線維芽細胞)を凍結保存しておき、半永久的に保管することができます。肌の衰えが気になりだした時に保管した当時のままの肌細胞を使って、気になる部位を治療することができます。

1.今の一番若い細胞を採取

顔の周囲の肌の中でも、紫外線の影響を受けにくく、肌年齢が比較的若い耳の裏から皮膚を採取します。採取した皮膚から、セルバンクの細胞培養加工施設(CPC)にて肌細胞を抽出し、約10,000倍に培養されます。

細胞を採取する様子

2.今の一番若い細胞を保管

-196°Cで凍結保存することで、採取・培養した若い肌細胞をそのままの状態で半永久的に保管します。

採取した細胞を培養し保管する様子

3.老化の気になる部位に移植

何年経っても、保管した当時と変わらない若い肌細胞を使って治療を行うことが可能です。

若い肌細胞を移植治療する様子

今後の展開

今後、全国にいる「肌の再生医療」をやってみたいという患者様に向けて、医療機関との提携を拡大すると共に、細胞保管サービス充実させることで、さらなる細胞保管者数増加を目指してまいります。

この記事をPDFでダウンロード

ニュース一覧へ