セルバンク×松本クリニック 治療動画制作を開始
~変形性膝関節症に悩むすべての患者様へ、脂肪由来幹細胞の治療動画を配信~

株式会社セルバンク(特定細胞加工物製造事業等、所在地:東京都中央区勝どき、代表取締役:北條元治)は再生医療支援事業で業務提携しコンサルティングを開始した医療機関、医療法人社団甲南回生 松本クリニック(所在地:兵庫県芦屋市)と変形性膝関節症における脂肪由来幹細胞の治療に伴う動画を共同制作するために、撮影を開始したことをお知らせいたします。

松本クリニックは兵庫県芦屋市で変形性関節症に対して脂肪由来幹細胞の治療を開始した初の医療機関です。松本医師は、日本スポーツ協会 公認スポーツドクターとして、数多くの著名なアスリートの主治医を務めてきたと共に、日本臍帯プラセンタ学会会長、日本臨床研究安全評価機構理事長も務め、美容医療・エイジングケアにも積極的に取り組んでいます。

セルバンクが提供する細胞加工技術による脂肪由来幹細胞と松本クリニックの豊富な治療経験によって、変形性膝関節症に悩む多くの患者様が治療を受けるきっかけになるようわかりやすく、安全性の高い治療法であることが理解できる、治療動画の制作を推進してまいります。

セルバンクの提供サービス・商品
https://cellbank.co.jp/

脂肪由来幹細胞の治療開始背景

高齢化社会の中、関節症・変形性関節症などの患者数は年々増加傾向にあります。関節症・変形性関節症について、細胞を使った治療に当たる医療機関、導入を検討する医療機関を株式会社セルバンクは拡大しています。

脂肪由来幹細胞の治療は、軟骨などの組織が加齢や筋肉量の低下などによりすり減って、損傷した際に生じる変形性膝関節症などの病気に対して、軟骨の修復が期待できる再生医療の一つです。脂肪由来幹細胞には痛みや腫れ抑える効果がある因子を分泌する性質があり、炎症を抑えることで症状を和らげる効果も期待できます。幹細胞を培養して数を増やし、それを膝関節に直接注入するだけなので、通院のみで受けられます。高齢者だけではなく、家庭や仕事の都合で入院が難しいという方に対して治療が提供可能となります。

この記事をPDFでダウンロード

ニュース一覧へ