肌の再生医療は正しい知識が浸透していない 将来シワやたるみの不安がある85.71% 「肌の再生医療」をもっと詳しく知りたい

あらゆる細胞に対応可能な国内最高基準の細胞工場を保有する、株式会社セルバンク(本社:東京都中央区、代表取締役:北條 元治)は、再生医療に関する調査の一環として、35歳以上の女性に対して肌の再生医療に関する調査を実施しましたのでお知らせいたします。

肌の再生医療に関する調査
トピック01:
肌の再生医療について正しい知識を持っていない87.62%
トピック02:
将来、老化によるシワやたるみの不安がある85.71%
トピック03:
「肌の再生医療」をもっと詳しく知りたい60.95%

調査概要

調査概要
「肌の再生医療に関する調査」
調査方法
インターネット調査
調査期間
2022年1月18日(火)~2022年1月19日(水)
有効回答
35歳以上の女性、肌の再生医療に関する調査アンケート
事前調査で肌の再生医療をすでに「知っている」人に本調査本調査実施

64.76%が肌の再生医療に興味があると回答

「Q1. 肌の再生医療について興味はありますか。」(n=105)と質問したところ、「非常に思う」20.95%、「やや思う」43.81%という回答となりました。

【Q1. 肌の再生医療について興味はありますか。】に対する回答の割合を示した円グラフ
  • ・非常に思う:20.95%
  • ・やや思う:43.81%
  • ・あまり思わない:25.71%
  • ・全く思わない:9.52%

肌の再生医療について正しい知識を持っていない87.62%

「Q2. 肌の再生医療について正しい知識があると思いますか。」(n=105)と質問したところ、「非常に思う」1.9%、「やや思う」10.48%などの回答が得られました。

【Q2. 肌の再生医療について正しい知識があると思いますか。】に対する回答の割合を示した円グラフ
  • ・非常に思う:1.9%
  • ・やや思う:10.48%
  • ・あまり思わない:59.05%
  • ・全く思わない:28.57%

97.14%は資料請求などの経験なし

「Q3. 肌の再生医療について、正しい知識が簡単に得られる資料請求をしたことはありますか。」(n=105)と質問したところ、「ある」2.86%、「ない」97.14%という回答となりました。

【Q3. 肌の再生医療について、正しい知識が簡単に得られる資料請求をしたことはありますか。】に対する回答の割合を示した円グラフ
  • ・ある:2.86%
  • ・ない:97.14%

96.19%はカウンセリングなどの経験なし

「Q4. 肌の再生医療について、正しい知識と具体的なアドバイスが受けられるカウンセリングを受けたことはありますか。」(n=105)と質問したところ、「ある」3.81%、「ない」96.19%、という回答となりました。

【Q4. 肌の再生医療について、正しい知識と具体的なアドバイスが受けられるカウンセリングを受けたことはありますか。】に対する回答の割合を示した円グラフ
  • ・ある:3.81%
  • ・ない:96.19%

肌の再生医療の治療を受けたことがある4.76%

「Q5. 肌の再生医療の治療を受けたことがありますか。」(n=105)と質問したところ、「ある」4.76%、「ない」95.24%という回答となりました。

【Q5. 肌の再生医療の治療を受けたことがありますか。】に対する回答の割合を示した円グラフ
  • ・ある:4.76%
  • ・ない:95.24%

現在、老化によるシワやたるみの悩みがある83.81%

「Q6. 現在、老化によるシワやたるみについて悩みはありますか。」(n=105)と質問したところ、「ある」83.81%、「ない」16.19%という回答となりました。

【Q6. 現在、老化によるシワやたるみについて悩みはありますか。】に対する回答の割合を示した円グラフ
  • ・ある:83.81%
  • ・ない:16.19%

将来、老化によるシワやたるみの不安がある85.71%

「Q7. 将来、老化によるシワやたるみについて不安はありますか。」(n=105)と質問したところ、「ある」85.71%、「ない」14.29%という回答となりました。

【Q7. 将来、老化によるシワやたるみについて不安はありますか。】に対する回答の割合を示した円グラフ
  • ・ある:85.71%
  • ・ない:14.29%

カウンセリングは「無料かつ、交通費がもらえる」が20.95%

「Q8. 肌の再生医療について正しい知識を得るため、あなたならどうしたらカウンセリングを受けますか。」(n=105)と質問したところ、「無料かつ、交通費がもらえるなら受ける」20.95%、「無料かつ、割引券がもらえるなら受ける」18.1%という回答となりました。

【Q8. 肌の再生医療について正しい知識を得るため、あなたならどうしたらカウンセリングを受けますか。】に対する回答の割合を示した棒グラフ
  • ・無料かつ、交通費がもらえるなら受ける:20.95%
  • ・無料かつ、割引券がもらえるなら受ける:18.1%
  • ・無料なら受ける:17.14%
  • ・権威のある医師から説明を受けられるなら受ける:12.38%
  • ・オンラインなら受ける:11.43%
  • ・その他:7.62%
  • ・必要なら有料でも受ける:6.67%
  • ・セミナーなら受ける:5.71%

「肌の再生医療」をもっと詳しく知りたい60.95%

「Q9. 肌の再生医療は近年注目されている美容医療です。自分の細胞を注射器で患部へ補充するだけでシワやたるみの老化を根本治療できます。もっと詳しく知りたいと思いますか。」(n=105)と質問したところ、「非常に思う」17.14%、「やや思う」43.81%という回答となりました。

【Q9. 肌の再生医療は近年注目されている美容医療です。自分の細胞を注射器で患部へ補充するだけでシワやたるみの老化を根本治療できます。もっと詳しく知りたいと思いますか。】に対する回答の割合を示した円グラフ
  • ・非常に思う:17.14%
  • ・やや思う:43.81%
  • ・あまり思わない:28.57%
  • ・全く思わない:10.48%

老化に対する不安の声と「肌の再生医療」に期待の声

「Q10. 美容と老化に対して不安に思うことや医療に対する期待がありましたらお答えください。(自由回答)」(n=105)と質問したところ、「皮膚の若返りができることを期待します」、「同年代に比べて自分だけ老けて見えたら悲しい」など多くの貴重な回答が得られました。

<自由回答・一部抜粋>

  • 47歳:同年代に比べて自分だけ老けて見えたら悲しい。安価で確かな老化に対する医療が受けれるとありがたい。
  • 42歳:もっと近くで対応してくれるクリニックがあるといい
  • 53歳:皮膚の若返りができることを期待します。
  • 48歳:老化の出かたも個人差があるので、自分のタイプをもっと早い段階で知りたかった。
  • 49歳:年齢と共に頬の毛穴の開き、瞼のたるみなどが気になっています。再生医療で張りのある肌に効率よく出来るだけ安く出来たらいいなと思っています。
  • 66歳:60歳を過ぎたころから急激に老化を感じるようになり、このままでは不安。
  • 41歳:ヒアルロン酸やボトックス注射などの美容整形で得られる不自然な美ではなく、自然な美を維持できるならしてみたい。
  • 74歳:出来る限り費用を安くしてほしい。
  • 47歳:マスクをすることで、肌荒れとホウレイ線が目立つようになってきた。
  • 58歳:老化は不安ですが、ありのままを受け入れたいと思うので、医療にあまり期待はしていないです

まとめ

今回、事前調査で35歳以上の女性1000名に対して、肌の再生医療を知っているかを設問し、すでに知っている105名に対して肌の再生医療に関する調査を実施しました。

まず、肌の再生医療を知っているうえで、肌の再生医療に興味があると回答した人は64.76%でした。その中で、肌の再生医療について正しい知識を持っていると認識している人は少なく、87.62%は正しい知識を持っていないと回答しています。肌の再生医療に興味があるものの、97.14%は資料請求などの経験なし、96.19%はカウンセリングなどの経験なし、という結果で、情報を得ようとする行為までには至らないようです。さらに、すでに肌の再生医療の治療を受けたことがある人は4.76%でした。

肌の再生医療に興味があるものの、9割以上が情報を得る行為までいかない中で、「現在、老化によるシワやたるみの悩みがある」と回答した人は83.81%、「将来、老化によるシワやたるみの不安がある」と回答した人は85.71%と、老化によるシワやたるみの悩みや不安を抱えた人が多く存在することがわかりました。

肌の再生医療に興味がある人たちが、正しい知識を身に着けるためには、医療従事者が行うカウンセリングを受けるという方法がありますが、店舗へ来院する必要があります。どのようにしたらカウンセリングを受けますか、の問いに対して「無料かつ、交通費がもらえる」という回答が20.95%と一番多く、次に「無料かつ、割引券がもらえる」が18.1%で合わせて約4割が無料に加えてインセンティブあるならという回答でした。

正しい情報を得るために、より踏み込んだアクションが必要となる中で、肌の再生医療をもっと詳しく知りたいと60.95%がポジティブな回答をしています。最後に、美容と老化に対して不安に思うことや医療に対する期待について自由回答を設けたところ、「同年代に比べて自分だけ老けて見えたら悲しい」「年齢と共に頬の毛穴の開き、瞼のたるみなどが気になっています」など不安の声が多くみられる中、「皮膚の若返りができることを期待します」「もっと近くで対応してくれるクリニックがあるといい」など期待の声が集まりました。

事前調査で行った、35歳以上の女性1000名に対する、肌の再生医療の認知度は15%でした。まだ多くの人が知らない「肌の再生医療」が普及することで、現在や将来、肌の老化に不安を抱く人たちにとって、より身近に治療が受けられる環境を整えることが不安を解消する手助けと考えます。本調査で明らかになった、正しい情報が不足している問題については誰もが簡単に情報を取得できる環境が必要と考えます。そのためにセルバンクでは、肌の再生医療を行える医療機関と連携して情報は発信に努めるほか、提供できる医療機関が増えることで安価に肌の再生医療が行える環境整備を図ります。これらの活動が老化に不安を抱く人の悩みを解消できることとして、より良い社会が実現することに貢献してまいります。

この記事をPDFでダウンロード

ニュース一覧へ