50歳以上の女性のスポーツや運動は「健康維持」 美容は「身だしなみ」や「美しくなりたい」 安全性の高い「肌の治療」や「ひざ関節治療」を利用したいと思う73.33%

あらゆる細胞に対応可能な国内最高基準の細胞工場を保有する、株式会社セルバンク(本社:東京都中央区、代表取締役:北條 元治)は、肌の再生医療に関する調査の一環として、50歳以上の女性に対して美容と健康に関する調査を実施しましたのでお知らせいたします。

美容と健康に関する意識調査
トピック01:
スポーツや運動でひざを痛めたことが「ある」36.19%
トピック02:
今までに肌荒れや肌トラブルを感じたことが「ある」31.43%
トピック03:
安全性の高い「肌の治療」や「ひざ関節治療」を利用したいと思う73.33%

調査概要

調査概要
「美容と健康に関する意識調査」
調査方法
インターネット調査
調査期間
2022年2月14日(月)~2022年2月15日(火)
有効回答
50歳以上の女性に対して美容と健康に関する調査アンケート

スポーツや運動は「健康維持」や「体力づくり」のため

「Q1. スポーツや運動は何のために行っていますか。(複数選択)」(n=105)と質問したところ、「健康維持」80%、「体力づくり」64.76%という回答となりました。

【Q1. スポーツや運動は何のために行っていますか。(複数選択)】に対する回答の割合を示した棒グラフ
  • ・健康維持:80%
  • ・体力づくり:64.76%
  • ・ダイエット:41.9%
  • ・美容:36.19%
  • ・趣味:16.19%
  • ・友達作り:6.67%
  • ・暇つぶし:2.86%
  • ・その他:1.9%

現在行っているスポーツや運動の多くは「ウォーキング」61.9%

「Q2. 現在行っているスポーツや運動を教えてください。(複数選択)」(n=105)と質問したところ、「ウォーキング」61.9%、「筋トレ」23.81%などの回答が得られました。

※その他:ストレッチ、バレーボール、エアロビ、水泳

【Q2. 現在行っているスポーツや運動を教えてください。(複数選択)】に対する回答の割合を示した棒グラフ
  • ・ウォーキング:61.9%
  • ・筋トレ:23.81%
  • ・ヨガ:19.05%
  • ・その他:14.29%
  • ・ジョギング ランニング:12.38%
  • ・ダンス:8.57%
  • ・ピラティス:3.81%
  • ・ゴルフ:3.81%
  • ・テニス:2.86%
  • ・マリンスポーツ:0.95%
  • ・ボルダリング:0%

スポーツや運動でひざを痛めたことが「ある」36.19%

「Q3. スポーツや運動でひざを痛めたことはありますか。」(n=105)と質問したところ、「ある」36.19%、「ない」63.81%という回答となりました。

【Q3. スポーツや運動でひざを痛めたことはありますか。】に対する回答の割合を示した円グラフ
  • ・ある:36.19%
  • ・ない:63.81%

美容は「身だしなみ」や「美しくなりたい」ために行う

「Q4. 美容は何のために行っていますか。(複数選択)」(n=105)と質問したところ、「ある」36.19%、「ない」63.81%、という回答となりました。

※その他:老化抑制、清潔感

【Q4. 美容は何のために行っていますか。(複数選択)】に対する回答の割合を示した棒グラフ
  • ・身だしなみ:62.86%
  • ・美しくなりたい(美しくいたい):49.52%
  • ・若返り:39.05%
  • ・趣味:7.62%
  • ・その他:2.86%
  • ・もてたい:1.9%

肌ケアは「保湿」81.9%、「シワ」42.86%が多くを占める

「Q5. 現在行っている肌ケアを教えてください。(複数選択)」(n=105)と質問したところ、「保湿」81.9%、「シワ」42.86%などの回答が得られました。

【Q5. 現在行っている肌ケアを教えてください。(複数選択)】に対する回答の割合を示した棒グラフ
  • ・保湿:81.9%
  • ・シワ:42.86%
  • ・シミ:40%
  • ・美白:39.05%
  • ・たるみ:36.19%
  • ・毛穴:14.29%
  • ・くすみ:21.9%
  • ・かさつき:20.95%
  • ・角質:8.57%
  • ・ニキビ:0.95%
  • ・その他:0%

今までに肌荒れや肌トラブルを感じたことが「ある」31.43%

「Q6. 今までに試した美容方法で肌荒れや肌トラブルを感じたことはありますか。」(n=105)と聞いたところ、「ある」31.43%、「ない」68.57%という回答となりました。

【Q6. 今までに試した美容方法で肌荒れや肌トラブルを感じたことはありますか。】に対する回答の割合を示した円グラフ
  • ・ある:31.43%
  • ・ない:68.57%

安全性の高い「肌の治療」や「ひざ関節治療」を利用したいと思う73.33%

「Q7. 肌のシワやたるみ治療、ひざの関節症治療として安全性の高い治療方法があったら利用しますか。」(n=105)と質問したところ、「非常に思う」12.38%、「やや思う」60.95%という回答となりました。

【Q7. 肌のシワやたるみ治療、ひざの関節症治療として安全性の高い治療方法があったら利用しますか。】に対する回答の割合を示した円グラフ
  • ・非常に思う:12.38%
  • ・やや思う:60.95%
  • ・あまり思わない:23.81%
  • ・全く思わない:2.86%

再生医療による肌の美容、ひざ関節治療に興味がある58.1%

「Q8. 近年、肌の美容やひざ関節の治療方法として安全性の高い再生医療が注目されています。興味ありますか。」(n=105)と質問したところ、「非常に興味がある」6.67%、「やや興味がある」51.43%という回答となりました。

【Q8. 近年、肌の美容やひざ関節の治療方法として安全性の高い再生医療が注目されています。興味ありますか。】に対する回答の割合を示した円グラフ
  • ・非常に興味がある:6.67%
  • ・やや興味がある:51.43%
  • ・あまり興味がない:37.14%
  • ・全く興味がない:4.76%

肌の再生医療への関心は高く、ひざの再生医療へは期待の声

「Q9. 肌やひざの「再生医療」について、知っていること、知りたいと思うことをお書きください。(自由記入)」(n=105)と質問したところ、など多くの貴重な回答が得られました。

<自由回答/一部抜粋>

  • 51歳:顔のリフトアップに繋がるのなら興味大です!
  • 59歳:膝の中に定着するのか
  • 58歳:再生後、半永久的に持続できるのか、費用はどのくらいか、安全性はどうか、治療期間はどのくらいか
  • 57歳:アレルギー体質でも可能か
  • 52歳:肌を痛み無く、痛める事無く再生医療は可能なのか?知りたい。
  • 60歳:再生医療で、顔のたるみや腰ひざの神経痛が改善できれば、こんな嬉しい事はないですね。
  • 57歳:階段で痛い時があるので、改善できたらうれしい。
  • 66歳:肌の再生医療には特に興味がある。その安全性や持続性、費用等、具体的に知りたい。
  • 57歳:姉が膝の関節手術をしました。関節を人工の物にしたそうです。
  • 66歳:肌の若返りに対する方法が知りたい

まとめ

今回、50歳以上の女性に対して「美容と健康に関する調査」アンケートを行いました。
スポーツや運動を行っている50歳以上の女性は「健康維持」や「体力づくり」のためと多くが回答しました。美容と回答した人は 36.19%です。現在行っているスポーツや運動の多くは「ウォーキング」で、日常的にすぐできる軽度な運動を行っている人が多いようです。その中でスポーツや運動でひざを痛めたことが「ある」と回答した人は36.19%と4割弱の人が過去にひざを痛めた経験があると回答しています。

また、美容は何のために行っていますかとの問いに対しては、「身だしなみ」62.86%と回答した人が多く、「美しくなりたい(美しくいたい)」 49.52%、「若返り」 39.05%と回答した人が約半数を占めました。現在行っている肌ケアについては、「保湿」が一番多く81.9%、次に「シワ」42.86%が多くを占めました。シミ、美白、たるみも約4割が回答しています。さらに、今までに試した美容方法で、肌荒れや肌トラブルを感じたことがあると回答した人は31.43%と約3割は何らかの肌トラブルなどの経験があるようです。

肌のシワやたるみ治療、ひざの関節症治療について、安全性が高いのであれば利用したいと73.33%が回答し、再生医療について興味あると回答した人は58.1%でした。
最後に肌やひざの「再生医療」について、知っていること、知りたいと思うことを問う自由回答では、「顔のリフトアップに繋がるのなら興味大です!」「階段で痛い時があるので、改善できたらうれしい」など、肌の再生医療へは関心の高い声が集まり、ひざの再生医療へは期待感のある多くの回答が得られました。

本調査では美容や健康意識の高い50歳以上の女性に対して日常から美容と健康にどのように取り組んでいるかを調査しました。多くの女性は軽度な運動を日常的に行い、健康維持や美容に気を使っています。ただし、軽度な運動でも約3割は過去にひざを痛めています。

美容についても、身だしなみや美しくなりたいという理由から、保湿やシワなどのケアを行っていますが、過去に肌荒れや肌トラブルを感じたことがある人は約3割いました。対処療法として、安全性の高い治療方法であるなら利用したい人は7割と多く、再生医療への興味は約6割です。

再生医療は、肌の美容やひざの治療方法として関心や期待の高い結果となった反面、内容を理解しない人や全く知らない人も自由回答欄で見受けられました。50歳以上の女性で美容や健康トラブルを抱える人がいる中、再生医療が一般的な治療として普及することで多くの美容や健康に関連するトラブルの解決方法になることができると考えます。

この記事をPDFでダウンロード

ニュース一覧へ