肌の再生医療とは?

肌の老化の仕組みや原因とは?

肌の老化の仕組みや原因とは?

肌細胞の減少により起こる老化症状

若い時の肌・年齢を重ねた肌

肌細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など全てを作り出す工場です。
しかし、肌細胞は20歳を越えると急激に減少していきます。そして、50歳を越える頃には、20歳の頃の約1/3くらいにまで肌細胞は減少してしまうのです。

そもそも、細胞の減少「老化」とはなにか?

肌細胞に限らず、細胞の減少とは何なのか?
わかりやすくご説明するために、皆さんもご存知の骨粗しょう症を例にご説明いたします。若い時の骨(図は大腿骨です)は中にパンパンに骨細胞が存在しています。骨細胞はコラーゲンや、カルシウムを蓄える骨器質などすべてを作り出す工場です。骨細胞も肌細胞と同じように20歳を超えると急激に減少していきます。

年を取り、骨粗しょう症でスカスカになった骨は非常に弱く、すぐに骨折しやすい状態なっています。同じように年を取り、スカスカになったお肌は非常に弱く、すぐにしわが出来たり、たるんだりしやすい状態になってしまいます。

若い時の骨・年齢を重ねた骨

老化の原因「肌細胞の減少」を引き起こす原因は?

1

紫外線

2

乾燥

3

活性酸素

この3つが、「肌を老化させる3大要素」です。

「真夏の強い日差しを浴びる時だけ気を付ければいい」
なんて思っていませんか?それは大きな間違いです。冬でも、曇りの日でも、昼間は常に紫外線が降り注いでいます。
中でもUVAと呼ばれる波長の紫外線は、真皮にまで到達してコラーゲンやエラスチンを破壊します。私たちは知らない間に常に、肌のハリや弾力を司るコラーゲンやエラスチンを失っているのです。

セルバンクに相談する

自分にあった肌の治療って
気になりますよね?
再生医療の詳しい内容など
お気軽にご相談ください。

無料のご相談はこちらから

Find a Clinic
Near You
お近くのクリニックを探す

当社は医療機関、研究機関から様々な細胞の培養を受託し
安全、高品質な細胞を低価格で提供しております。

クリニックを探す

お近くのクリニックを探す

クリニックを探す