セルバンク・インサイドストーリー

管理部 曲輪麻由里

管理部 曲輪麻由里のインサイドストーリー

管理部について

管理部について

峰尾

本日は管理部部長の曲輪部長とお話しさせていただきます。
まず管理部についてお話しできる範囲でお願いできますか?

曲輪

企業の『管理部門』というと、何かすごく堅くて地味な感じがしませんか?

峰尾

します。堅い、怖い。

曲輪

ですよね。ところが、企業の管理部門は、例えば各部門間の調整役としての役割とか、社員一人一人のライフイベントに寄り添っていかなければならない。実は管理部門の社員が持つ業務スキルだけではなくコミュニケーション能力が要求される部門なんです。

なかなかイメージできないですよね?何となくバックオフィスという感じしますよね。営業部門がフロントオフィスだったら、バックオフィス…縁の下の力持ちみたいな感じがしますよね。でも実は高いコミュニケーション能力が要求されるのです。

当社の管理部の組織は、人事、財務、それと総務、経理で構成されています。その中で各担当社員が色々な仕事をしていますが、細かな業務説明については今回は差し控えさせていただきますが、いわゆる会社の経営資源…ヒト・モノ・カネ、それを管理部で守っていく、または有効に活用していく。そういったことが求められる部門です。

峰尾

あまりコミュニケーション力のところは考えたことがなかったですが実は必要な部分ですね。

曲輪

管理部の中では、例えば人事的な仕事であれば入社から退社までの諸手続き、もしくはその間に育児休業を取る方もいたり、色々なライフイベントの中でまず社員の要望を聞いて、その人に一番いい方法を模索して提示しなければならないですよね。それから各部門との調整業務、年度末に会社は決算業務を行ないますが、会社の業績を取り纏める場合には各部門から沢山の資料を徴求しなければいけない。その資料の内容が合っているかどうか、社員とコミュニケーションを取りながらその内容を把握するのも仕事の一つです。

峰尾

かなり会社の重要なお仕事を担ってくださっている部門というのが理解できました。

仕事のやりがい

峰尾

管理職としてお仕事されている中で、やりがいに感じていることはどういうところですか?

曲輪

まず私自身は、今の管理部の中で部長という肩書をいただき総括責任者として携わっています。先ずは管理部のリスクマネジメントという業務があります。管理部には非常にスキルの高い社員がたくさんいますので、それぞれ人事、財務、総務、経理と言った個々の仕事は安心してお任せできる。「じゃあ部長は何やっているの?」ということになりますよね(笑)。部長は何をするかというと、部長職というのは経営者側に属しています。最高経営責任者は北條社長ですね。北條社長のトップマネジメントをちゃんと私が理解し把握して、それを形にしていく。それが私の業務だと思っています。

それと忘れていけないのが「IPO」。当社は上場を目指しています。ただ目指しているのではなく、当社が大きくなるための通過点ですよね。一般論ですが中小企業は業務が属人化していたり、人任せであったり、組織的な経営がなかなかできないんですよね、それを経営理念に基づいて健全な組織経営ができるように構築していかなければいけない。トップマネジメントをどう具現化していくか、とてもやりがいのある仕事です。

大切にしていること

大切にしていること

峰尾

お仕事を今までたくさん経験されていらっしゃると思うんですが、何か思い出に残っていることは何かありますか?

曲輪

私が一番大切にしていることは、人との出会いです。私も若い頃がありましたので(笑)、結婚して子育てしながら復職した職場で出会った上司の言葉ですが、その時の私は営業職だったんですけど、「曲輪さん、まず2,000人に会いなさい」と言われたんです。「2,000人の方と知り合うと、あなたの人生が変わりますよ!」と、その言葉が今でも私の中でとても大きいです。それと、その時の支社長の言葉で「一生懸命は誰でもできる。狂気と言われて本物になる。」と言われた言葉は今まで仕事に携わる中でも、いつも心の中で思い出していました。

峰尾

その言葉が今まさに私の心にぐっときていますが。

曲輪

それはとってもうれしいです。

2,000人との出会いといってもただ名刺交換をして2,000人と通り過ぎていくのでは駄目なんです。人柄を知り、その人の人生のあり方を知り、その方がどんなことを考えて、これから仕事をしていくんだろう?とか、今まで過去にどんな事をされてきたんだろう?とか、その方の言葉に耳を傾ける。これは本当に人生の醍醐味ですよね。今もセルフバンクに入って3カ月目ですけど、セルバンクの方と出会うことができて、一人一人とお話しさせていただくチャンスを得て、その方のことをもっと知りたいなといつも思っています。

セルバンクの社員の方は本当にスキルが高くて、コミュニケーション能力が高い方が多いなと私は思います。そういう方と知り合えたことは私の財産だと思っています。

峰尾

本当にありがたいお言葉ですね。今どうですか?2,000人会えていますか?

曲輪

名刺をスキャンして登録している小型の機械の中に1,500ぐらいまではたまってたんです。その後も出会った方も多くいらっしゃいますが、ただ、そこまで深くお付き合いできているとはちょっと言えないかなと思っています。まだまだ人生は長いので、これからもドラマチックな人との出会いを楽しみにしています。

今まで本当にたくさん魅力ある方と出会うことができて、私が30代前半ぐらいの時にある保険会社の女性のトップセールスマンとお会いしたことがありました。その方に「どうしてそんなに魅力的な年の取り方ができるんですか?」と伺ったことがあります。「私は色々な場所に出席する機会があるのですが、なかなか会話も下手ですし、慣れなくて、、、。」というようなお話をしたら、その方が「なろうとしなくていい。その場に慣れることを考えなさい。どんな場所に行っても、緊張するような場面でも、その場に慣れるようになれば、いつの間にかその場所にふさわしい人間になれるから。」と、本当にその方にはたくさんの事を教えていただいて、良くしていただいたんですけれども、私の中でお会いしたとても素敵な女性ナンバーワンですね。

峰尾

人生の出会いというのはとても大事なことですね。

曲輪

本当に感じます。

峰尾

私もこれから2,000人目指してコミュニケーションを取っていきたいなと思います。ありがとうございます。

Honmonoとは

Honmono(ホンモノ)とは

峰尾

そしてHonmonoというところにもフィーチャーしてお話をお伺いできればと思うんですが、セルバンクが発行している季刊誌『Honmono』です。

その『Honmono』の中に「人生は価値あるものを探し求める旅だ」というメッセージが込められています。こことちょっとリンクするかは分からないですが、管理部においてセルバンク社がHonmonoを追い求めるところはどんなふうに受け止めてらっしゃいますか?

曲輪

入社して数カ月で、私もまだまだ勉強中ですけど、セルバンクという会社は再生医療という分野で素晴らしい技術力、そして影響力を持っている会社だと感じています。そのHonmonoをどのように表現し伝えていけばいいのか?模索しています。広報も含めてですけれども、管理部ですと投資家さん、もしくは株主さんですとか、そういう方に向けて色々な情報を提供してセルバンクを知ってほしい。また、業務的には、取引先となる企業との出会いもありますし、管理部が発信する会社の業績情報をですとか、そういった形でセルバンクの良さを発揮できるような形も取りたいと思います。

それとHonmonoという部分では「価値あるもの」と考えると、やはり私は「人」だと思っています。やっぱりセルバンクを愛してくださる人との出会い、そしてセルバンクの素晴らしい社員を知ってもらう、そういったものにHonmonoの価値が見い出せるのではないかなと思っております。

人生における大切なこと

峰尾

パーソナルな部分をお伺いしていければと思いますが、曲輪さんが人生において大切にしているものは何かありますか?

曲輪

もちろん色々ありますが、やはり私は人との出会いが一番大切です。今でもずっとお付き合いさせて頂いている方もいますし、これからもそうですけれども、人との出会いが一番大切ですね。

峰尾

それは深さとかではなくいろいろな方に出会うという経験というところですか?

曲輪

もちろん出会いと言う経験もありますけれども、その出会いから、その方の趣味だったり、例えばその方がすごく宝塚で好きだったりとか、観劇が好きだったりとか、そういうお話を伺うことによって、自分の世界がすごく広がる。今まで全く興味がなかったことを知って「え〜そういうことも出来るのね。そういう世界もあるのね。」というような、そういうものに出会う事ができて、またその事を伝道師のようにいろいろな方に伝えられたというのはありますね。

峰尾

座右の銘や好きな言葉はありますか?

曲輪

少し違うかもしれないのですが、「情けは人の為ならず」という言葉をよく使います。一般的な意味は、「人のために何かをしてあげていれば、巡り巡っていずれ自分に戻ってくる」というような意味合いで使われるのですけども、私はそういうふうには思っていなくて。いろんな方と出会って私がしてあげられることを最大限にすることで、自分の人生が豊かになるというふうに思っていまして、その言葉のよく挙げさせていただいています。

好きなこと

好きなこと

峰尾

曲輪さんの最近のこだわりや、趣味みたいなことは何かありますか?

曲輪

私はセルバンクにご縁をいただく少し前まで小学校の図書館指導員をしていました。小学校の図書館指導員は図書館で子どもたちの学習のお手伝いをしたり、本の貸し借りの手続きをしたり新しい本を入れたり、その中で授業で絵本の読み聞かせもするんですよ。1年生から6年生まで図書の授業がありまして。

元々本を読むのは好きだったのですが、その時に改めて絵本の魅力をすごく感じました。心にズンと響くすてきな言葉がたくさん載っている絵本があったり、時代を風刺しているような絵本があったり。絵本の世界の広さをすごく実感しました。自分が子育ての時に絵本を読み聞かせしたり、孫たちに絵本をプレゼントしたりしていますが、それとはまた違う絵本の魅力を感じて自分の心の中に入ってきて、今は絵本に非常に興味が湧いています。図書館とか本屋さんに行くと、必ず絵本コーナーに行きますね。

峰尾

いい絵本があったらぜひご紹介していただきたいです。

曲輪

『最初の質問』という絵本があります。作詞は長田弘さん、絵はいせひでこさん。。とても素敵なので大人の人にぜひ読んでほしい絵本です。

峰尾

本屋に寄って帰りたいと思います。

曲輪

あともう一つが私は神社にお参りするといいますか、ご挨拶に行くことがすごく好きです。旅行に行っても、どこに行っても、ハワイに行っても…ハワイにも出雲大社がありますよね、必ずその土地の神社にお参りします。やはり神社の空気感ですとか、身が引き締まる感じとか、そういうのが非常に好きでして。セルバンクに東京駅からバス通勤するようになって、気になっている神社が2カ所ほどあってまだ行けていないので、ぜひご挨拶に行きたいと思っています。

峰尾

お供させてください。

曲輪

行きましょう、ぜひ。

峰尾

では、以上で質問は終了です、いろいろとすてきなお話をお聞かせいただきありがとうございました。

インサイドストーリー
一覧へ戻る