ひざコラム

【医師執筆】レントゲンだけで変形性膝関節症と診断できますか?

膝痛の原因として最も多いのは、中高年でいえば変形性膝関節症です。膝が痛い時に出来る一番詳しい検査と言えば、MRIであることは間違いありません。MRI検査をすれば、軟骨の厚み、半月板の傷み具合、骨の傷んだところが詳しく分かります。変形性膝関節症の状態を詳しく調べることが出来ます。

それでは、レントゲン検査で変形性膝関節症の診断は出来るのでしょうか。

保田医師

この先生が執筆しました

保田 真吾 先生

膝の痛み専門 大阪梅田セルクリニック 院長。京都大学医学博士。

変形性膝関節症の症例を数多く経験。
「和顔愛語 先意承問」の精神で、丁寧な診察を心がけている。

膝の痛み専門 大阪梅田セルクリニック

Contents
  1. 変形性膝関節症の特徴
  2. 変形性膝関節症は医師による診断が必要

変形性膝関節症の特徴

右膝 人工膝関節

左膝 変形性膝関節症

上の写真を見てください。

向かって左側が右膝ですが、人工関節の手術をした後です。

左ひざは明らかに内側の隙間が狭くなっています。軟骨はレントゲンに写りませんから、隙間がへっていると軟骨がすり減っていることが分かります。また骨が変形しているのが分かります。軟骨がすり減って、骨が変形している、これはまさに変形性膝関節症の特徴です。

レントゲンだけでも変形性膝関節症と診断出来るのです。

関連記事

変形性膝関節症は医師による診断が必要

変形性膝関節症の診断は画像だけでおこなうものではありません。膝痛がどれだけ強く出ているか、膝の腫れの具合、膝関節の可動域、日常生活のどんな動作で膝が痛いか、などを総合して診断します。

膝痛専門のドクターであれば、丁寧な問診と視診と触診をおこなえばレントゲンだけで十分、変形性膝関節症を診断出来るのです。

関連記事

保田 真吾先生の関連ページ

ひざの再生医療 TOPへ戻る

About
Knee Re-Medical
幹細胞ですり減った軟骨を
修復できる
ひざの再生医療とは

これまで変形性関節症に対する治療法はリハビリや湿布、痛み止め、ヒアルロン酸注射などの対症療法か、そうでなければ人工関節などの手術と、選択肢が多くありませんでした。ひざの再生医療は、ご自身の幹細胞を培養して関節に注入することですり減った軟骨が修復される、膝の治療の新しい選択肢です。

詳しく見る

ひざの再生医療を提供している医療機関

ひざの再生医療を提供している医療機関

ひざの再生医療を提供している医療機関

セルバンクに相談する

自分にあったひざの治療って
気になりますよね?
再生医療の詳しい内容など
お気軽にご相談ください。

無料のご相談はこちらから